スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月 開館日のお知らせ

1月は1週目にお正月休みをいただきまして、2週目10日火曜日からの営業となります。

みなさま、2012年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

2012年1月の体験講習会のお知らせ

早いもので2011年も残りわずかとなりました。
毎月第一水曜日に開催している講習会ですが、1月は3週目の水曜日18日に開催いたします。

今回は2012年の干支、「辰」のストラップを作ります。

       KC3X0197.jpg

時 間 1月18日(水)13:00~15:00
場 所 佐田つまみ画吉祥寺美術館1F 本部教室
持ち物 おしぼり(手を拭くもの)
費 用 受講料1,500円 材料費 各1,500円  計3,000円

※ 用具類は貸出いたしますので、手ぶらでご来館下さい。


お申し込みお問い合せは、
佐田つまみ画研究所 03-3995-5430
又は、吉祥寺美術館 042-257-6235(開館日のみ)

当日でも受け付けておりますので、吉祥寺に来られた際にぶらりとお立ち寄り下さい。

つまみ細工の羽子板展

01_22.jpg

ただ今、吉祥寺美術館ではつまみ細工の羽子板展を開催中です。

羽子板は女子のためのお守りとされています。
男の子には破魔矢を送りますよね。
赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月に、可愛い子どもの無病息災を願ったお守りなんですね。

その羽根が、病気を媒介する蚊を食べるトンボに似ていることから、黒くて硬い羽の玉は、『無患子(ムクロジ)』という木の種で出来ています。これには『子が患わ無い』という意味があります。
邪気を撥ね(羽根)除け、運気をはね(羽根)上げる羽子板、実はこんなに愛情の込められたお守りだったのですね。

羽子板は押し絵のものをよく見かけますが、つまみ細工の羽子板も、その精巧さに目を奪われます。
ぜひ、つまみ細工の羽子板を見にいらして下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。